代表理事ご挨拶

 

 

『1年後も作家として成功している未来を創る』

それが一般社団法人北海道クラフトクリエイター協会EZZOの理念です。

 

 

「こんなもの誰にでもできるのに高いと言われて凹んで、イベントが怖くなった」

「皆どうやって自分の作品に値段付けてるの?」

「オンラインショップを持ちたいけど、ネットってなんだか怖くてなかなか始められない」

 

 

こういった悩みは私自身が、作家として開業して2年目くらいまでに抱えていた物のほんの一部ですが、
当時、誰に相談すればいいかわからずただ泣いていた事もありました。

 

 

自分が時間とお金を費やし、懸命に作った力作を『誰にでもできる』と言われて自信をなくしてどうしていいかわからず、
ただ「少しでも売らなければ」と価格を下げることによって陥るのは、
資材貧乏への沼と時給の出ない自身のブラック企業家だということに気づいたのは、
開業後数年経った頃に出たイベントで、ついこの間まで共に頑張っていた作家仲間たちが、
一人、また一人と減り始めた頃です。

 

 

ハンドメイドだけでは生活ができないからと生活費のためにバイトをし

イベントで販売するための在庫を作るために睡眠時間を削り

必死に出ているイベントでは心無い言葉を浴びせられ

毎日納豆飯と具のない味噌汁だけで心身共に疲弊していたあの頃。

「助けて」と言える場所を探しましたが、どこにも見つけられず途方に暮れている間にも

新たなブラック企業化予備軍の仲間たちが増えていくことに危機感を覚えました。

 

 

「ないなら作ればいいんじゃないか」

 

 

もう仲間が減るのは嫌だった私は、それしかないと思い立ち

2018年6月にクラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げ、ご賛同・ご支援いただいた皆様のおかげさまをもって、
2018年10月10日、無事に一般社団法人北海道クラフトクリエイター協会EZZO(HCCEZZO)を設立することができました。

 

 

大変お待たせいたしました。

 

 

個人事業主として、ほぼ一人でデザイン・企画・仕入れ・製作・営業・広報・接客・販売・
オンラインショップ運営・発送業務・経理等に奮闘している本業作家の方々や

お仕事をしながら、クオリティーの高い作品を懸命に作っておられる副業作家の皆様。

本当に日々見えない努力をし、涙を食いしばりながら頑張っておられる皆様を、私は心から尊敬しています。

 

 

作家活動をする中で生まれる不安感や焦燥感

いつ生活ができなくなるかもしれないという恐怖

素直に誰かに「助けて」と言いたくないプライドと意地

 

 

私は全部、身をもって知っています。

 

 

だからこそ、私は今この時も奮闘されている同志の皆様と一緒に

1年後も作家として成功している未来を創りたい。

 

 

あなたにしか作れない素晴らしい作品を作るのは、確かに一人でする作業かもしれない。

でもあなたは、もう独りではありません。

 

 

「今日は疲れたよ」

「こんなとき皆どうしてるの?」

「今凹んでて、何も作れないんだよね・・・」

 

 

今まで誰に言えばいいかわからずに飲み込んでいた孤独を吐き出せる場所は、もうここにあります。

 

 

これまでに出会った数多くの北海道の作家様方は皆、

ジャンルを超えて協力し合い、団結力を発揮できるということを

私はこの目で見て知っています。

だからこそこの広い大地で活動を続ける中で、これからも競合するのではなく

良い経験も悪い経験も気軽にシェアし合いながら、切磋琢磨を目指す同志の皆様。

 

 

どうぞHCCEZZOに集い、まずは共に1年後の未来を創りましょう。

1年後の今日には、さらにその1年後の未来を。

そうして1年ずつ、皆様と歩みを共にできれば光栄です。

お待ちしております。

 

 

一般社団法人北海道クラフトクリエイター協会EZZO 代表理事 平野 泰代